神奈川県遊技場協同組合はパチンコ・パチスロ業界の発展と
社会貢献への取り組みに全力を尽くしております

神奈川県遊技場協同組合
ホーム 社会貢献活動 キャンペーン・イベント 不正情報の収集 組合案内
組合案内

理事長あいさつ | 組合沿革 | 組合概要 | ロゴマークについて

神奈川県遊技場協同組合とは・・・
神奈川県遊技場協同組合会館外観 神奈川県内で営業しているほとんどのパチンコ・パチスロホールが加盟している組合です。神奈川県遊技場協同組合の前身である神奈川県遊技場組合連合会は、任意団体として昭和28年5月に発足しました。その後、昭和41年6月14日に神奈川県知事から認可を受け、現在の神奈川県遊技場協同組合となりました。
営業の健全な発展や経済的地位の向上を目的とした活動のほか、暴力団の排除活動、社会貢献への取り組みにも努力しています。特に福祉関係への支援活動は、組合発足以来、不況の時代にあっても毎年欠かすことなく支援金を寄贈する等の活動を行っています。
パチンコファンの皆様に対しましては、豪華景品が当たる「かながわパチンコフェスタ」の開催や、県警察と協力して不正を厳しくチェックするための「不正排除システム」を確立し、楽しく、安心して遊べるための環境作りを行っています。
◆所在地 横浜市神奈川区鶴屋町1-6-10 組合会館
TEL:045-312-5233 / FAX:045-312-7033
◆所管 神奈川県公安委員会、神奈川県警察
◆加入組合員 265人 (※平成30年3月末現在)
◆加入ホール 510ホール (※平成30年3月末現在営業中ホール)
◆理事長
伊坂 重憲
◆事業内容
1. 組合員の設備する遊技機及び設備器具等の共同購入並びに斡旋
2. 組合員の取扱う賞品の共同購入及び斡旋
3. 組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
4. 組合員の事業に対する経営の合理化及び健全娯楽の育成に必要な研究と教育並びに情報の提供
5. 組合員の最低賃金に関する協定
6. 組合員並びに組合員の従業員に対する福利厚生に関する事業
7. 以上に付帯する事業

神奈川県遊技場協同組合組織図

神奈川県遊技場協同組合組織図


Copyright