トップページ 活動理念 社会貢献活動報告 各事業紹介 公募事業 お便りコーナー リンク
 



ページ1 / ページ2

 福祉事業協会では、社会貢献事業の一環として、多くの福祉寄付事業のほか、福祉車両支援事業を継続してきております。
 この度(平成20年7月29日)、「平成19年度福祉車両支援事業」として、横浜赤レンガ倉庫 イベントスペースにおいて福祉車両10台の贈呈式を行いました。
 昭和60年の設立から始めた福祉車両の寄贈台数は合計144台となり、その車両は、県内の多くの障害者や高齢者の方々に利用していただいております。


福祉車両は、昇降式の台が付き、車いすの人でも簡単に利用できるもので、移動の困難な障害者や高齢者の移送に使用されます。

■日時 平成20年7月29日(火) 午後2時〜午後3時
■場所 神奈川県横浜市中区新港1丁目1番2号
横浜赤レンガ倉庫イベントスペース(A)
■贈呈品目 福祉車両(リフト付)、日産キャラバンほか 計10台
■受贈者
※受贈者一覧
●社会福祉法人 神奈川県共同募金会(会長:牧内 良平)
  … 計7台
  ※神奈川県共同募金会から県内7施設に分配されました。

●社会福祉法人 創ライフケアセンターまどか(理事長:高木 士郎)
  ほか … 計3台
■贈呈者 神奈川福祉事業協会 / 神奈川県遊技場協同組合
■出席者(団体) 神奈川相互交易(株) / 神奈川流通商福祉防犯協力会 / 神奈川銘友会
神奈川県共同募金会(受贈)
社会福祉法人 創ライフケアセンターまどか(受贈) / マスコミ・業界紙関係
神奈川県遊技場協同組合 / 神奈川福祉事業協会
計70名

 当日は、開催前は集中的な雷雨に見舞われたものの、式典の進行が進むにつれ、晴れ間ものぞく天候となりました。贈呈式は、障害のある方や高齢者を支援するために挙行されたものです。屋外での贈呈式は初の試みでしたが、この社会貢献事業を知ったいろいろな方々が、自分の中に何か行動を起こすような原動力になれば、これほどうれしいことはありません。
 会場には、10台の福祉車両が勢ぞろいし、平川会長の主催者挨拶の後、会長と神奈川県遊技場協同組合の関根副理事長から、受贈者である神奈川県共同募金会の牧内会長と社会福祉法人を代表して高木様にレプリカのキーが手渡されました。また、受贈者の全福祉施設からは、主催者に感謝状が贈られました。

平川会長(左)から、神奈川県共同募金会の牧内会長に鍵が手渡されました。
(福)創の高木士郎理事長(左)をはじめ、全10施設から感謝状をいただきました。(※写真右は関根貞雄県遊協副理事長)


<受贈者代表 共同募金会:牧内会長>

 受贈者代表として牧内会長から、福祉事業協会からの支援はこの度の福祉車両7台を含め、総額3億4千万円にのぼることに深い感謝の意を表しておられました。


<贈呈者代表 神奈川福祉事業協会:平川会長>

 私たち、パチンコ・パチスロ業界とその関連団体が、一丸となって取り組んでまいりました社会貢献活動を、広く社会一般のみなさまに知っていただくために実施いたしました。
 当協会は、これを機に社会貢献活動の質の向上に一層の努力を重ね、業界関係者の皆様とともに厚い信頼を得られますよう尽力する決意であります。

共同募金会牧内会長、福祉事業協会平川会長を中心に、県遊協・関連団体役員並びに受贈団体の皆さまと記念撮影

ページ1 / ページ2


2008.07.29

 
Copyright (C) 2007-2014 神奈川福祉事業協会