トップページ 活動理念 社会貢献活動報告 各事業紹介 公募事業 お便りコーナー リンク
 




 神奈川県遊技場協同組合(理事長:伊坂重徳)と神奈川福祉事業協会(会長:伊坂重徳)は、本年も県内の児童養護施設や障害福祉施設等の施設・団体12施設に対し、福祉車両を贈呈しました。
 神奈川県遊技場協同組合と神奈川福祉事業協会は、昭和60年から数多くの社会貢献活動を継続しているところですが、その一環として児童養護施設や障害福祉施設、高齢者福祉施設等への支援を目的とした福祉車両への助成を行っております。
 平成20年度からは、この助成事業を広く県民に知っていただくために一般公募方式を採用し、今回で5回目の公募による寄贈となったものです。
 これまでの寄贈台数は、今回の寄贈で延べ215台となり、その車両は、県内の多くの障害者や高齢者の方々に利用していただいております。

福祉車両には昇降台や自動式リフトが付いた車いす対応車もあり、身体障害等で移動困難な障害者や高齢者の移送に活用されます。

日時 平成25年4月30日(火) 午後1時〜午後2時  
場所 【贈呈式】 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-6-10 神奈川県遊技場協同組合会館
【車両展示】 神奈川県遊技場協同組合会館 隣接駐車場
贈呈品目 福祉車両(リフト付)、日産キャラバンチュアキャブ等 計12台
贈呈者 神奈川県遊技場協同組合 / 神奈川福祉事業協会

 社会福祉法人 心泉学園  中郡二宮町
 社会福祉法人 誠心会 (しらかば子どもの家)  横須賀市長瀬
 社会福祉法人 おおいそ福祉会 (かたつむりの家)  中郡大磯町国府本郷
 社会福祉法人 横浜やまびこの里 (ハウスBEE)  横浜市都筑区
 社会福祉法人 小百合会 (アグネス園分園)  平塚市田村
 社会福祉法人 くるみ会 (横浜光センター)  横浜市神奈川区
 社会福祉法人 横浜訓盲院  横浜市中区
 社会福祉法人 大樹 (豊岡就労支援事業所 麦の家)  横浜市鶴見区
 社会福祉法人 県西福祉会 (県西福祉センター)  南足柄市三竹
 社会福祉法人 こやま社会福祉事業所 (軽費老人ホーム大山ホーム)  伊勢原市大山
 社会福祉法人 茅ヶ崎市社会福祉協議会  茅ヶ崎市新栄町
 社会福祉法人 綾瀬市社会福祉協議会  綾瀬市早川
伊坂会長から各施設代表者に目録を贈呈しました   寄贈先の全施設から感謝状をいただきました
贈呈式に参列した施設児童から
お礼のメッセージが送られました
  展示会場では各施設での福祉車両の
活用状況も報告されました


<贈呈者代表 神奈川福祉事業協会:伊坂重憲 会長>


 寄贈車両も今回で215台となり、金額に換算すると6億7千万円を超える結果となった。私たちの業界も、ここ数年非常に厳しい経営環境の下に置かれているが、こうした時代であればこそ、これまでに遊技場業界全体で灯し続けてきた「社会貢献の灯」は決して消すことないよう、さらなる努力を続けていきたいと考えている。

<来賓者代表 社会福祉法人神奈川県共同募金会:大谷義輝 相談役>


 神奈川県遊技場協同組合と神奈川福祉事業協会からは、継続して数多くのご支援を頂いており、27年間で総額25億円に達すると聞き、改めて敬意を表する。この度も各施設のニーズに応じたタイプの車両を寄贈され、不況の続く中で、業界内も厳しい折こうして多くの施設に寄贈していただけることの熱意に感謝する。


<施設代表 社会福祉法人心泉学園:玉盛達雄 理事長>


 遊技場業界の皆様が、30年近くにわたり、福祉車両の助成を続けられていることに対し、心から敬意を表するとともに感謝する。          
 寄贈いただいた車両を最大限に活用して、施設児童のために役立てていきたいと思う。



2013.04.30

 
Copyright (C) 2007-2014 神奈川福祉事業協会